Contact

Creators私たちのこと

手嶋 英津子の写真
管理栄養士/大学非常勤講師/Apple Distinguished Educator

手嶋 英津子 Teshima Etsuko

    中村学園大学栄養科学部の助手として8年勤務。 西南女学院大学保健福祉学部栄養学科の講師をする傍ら、小学生用食育アプリを開発。このアプリの取り組みが認められ、食育分野として初めて、アップルより教育分野イノベーター「Apple Distinguished Educator」として認定される。月間1500食のレシピを管理・作成していた経験もあり、企業や病院とコラボしたレシピ開発も多数。食育、子どもの食育、テーマに合わせたレシピ開発が得意。

      About

      大学卒業後、高校・大学で教員として勤務し、教育業界16年勤務。小学校での食育を目的としたiPad用食育アプリを全国で初めて開発。Apple社より、Apple Distinguished Educators Class of 2019に選出される。食に興味を持ったのは、高校での部活のマネージャー時代に、選手の食事管理が競技のパフォーマンスに繋がると実感したのがきっかけ。さらに、高校勤務時には、高校生の食の実態、部活動生の食事を目の当たりにすることで、改めて食育の大切さに気づく。
       
      民間企業の管理栄養士も経験し、月に1500品以上のレシピ作成・管理を行なっていた経験から、テーマに合わせたレシピ開発を得意としており、企業や病院とのコラボレシピも多数。
      現在は、食と栄養のプロとして、子どもの食育だけでなく、老化物質であるAGEを増やさない食事や発酵食品を使ったレシピ作りなど女性の美と健康を食事で支えることを主な活動としている。
      好きな食べ物は、たまごと納豆。

      iPadアプリ『食育の授業−朝ごはん編−』、『食育の授業−おやつ編−』(APP Store)
      『数字でわかる老けない食事 AGEデータブック』(一般社団法人AGE研究協会)栄養監修
      小学生や中学生、保護者を対象とした食育講座、先生向けの食育をテーマにした研修、ビジネスマンのための「コンビニ栄養学」、「糖化と老化とAGE 管理栄養士に聞く老けない食事」など、講演実績多数